ブランド腕時計

グッチの時計は恥ずかしい?ダサいと冷笑される3つの理由とブランドの価値観

グッチ(GUCCI)といえば、イタリアの高級ブランドで有名ですが、時計となると「恥ずかしい」「ダサい時計ブランド」といった声が聞かれます。

確かに、腕時計のカテゴリーでいうと、グッチのブランド名あまり出てこないですよね。

しょう
しょう
なんで、グッチの時計は、恥ずかしいと思うんだろう?
あいりママ
あいりママ
そういえば、学生の頃、友達が使ってたなぁ。なんとなく若い子が使ってるっていうイメージはあるよね。

グッチ(GUCCI)の腕時計が恥ずかしいのか、そう言われている原因は何か、口コミ評判を紹介しながらお伝えします。

この記事で分かること

  • グッチの腕時計は恥ずかしいのか
  • グッチの腕時計に対するイメージ
  • グッチの腕時計に対する低評判な理由
  • グッチの価値観=みんなに好かれることではない
  • グッチブランドに動植物があしらわれている理由

グッチの腕時計は恥ずかしいブランド?カタカナ体重計みたい


グッチは、バッグ・靴・サイフなどの皮革商品の他に、服、時計、香水、サングラス、アクセサリーなども幅広く手掛けています。

靴やバッグや洋服は斬新で素敵なラグジュアリーブランドとして人気がありますが、時計となると話は別。

いくらグッチといえどもブランド力はイマイチ…なんて声も聞かれます。

最近でいうと、日本限定モデルとして発売されたグリップ(定価253,000円)ゴールド色の時計が話題になっています。

日本人にはちょっと理解しがたい「グッチ」というゴシック体で書かれたカタカナが、体重計のような時計に書かれています。

しょう
しょう
さすがに恥ずかしいでしょ。時計好きで有名なヒカキンは2本も同時にネットで買ったんだって!!!。
あいりママ
あいりママ
いや、だけど、「Beauty is in the eye of the beholder. 美は見る人の目のなかにある」という諺もあるように、いい悪いは、それぞれの価値観によって違うもんだよ。

Yahooニュースではこう書かれていました。

SNSでの反応は、81.8%がポジティブなものでした。独特のデザインに「ユニーク」「かわいい」といった評価が集まっています。一方、ネガティブな反応としては、「このデザインはない」「値段が高い」など、デザインと価格に対するものが見られます。

引用元:Yahooニュース

つまりは、いいねと感じる人もいるわけです。面白いと思うのでしょうか。

もしかすると、グッチ側としては、それが狙いかもしれませんね。

しかし、グッチといっても、その他にも色々なモデルの腕時計があります。

そこで、グッチの時計に対する口コミ評価を調査してみました。

グッチ(GUCCI)腕時計ブランドの口コミ評価

グッチ時計口コミ

Yahoo!知恵袋やSNSからグッチの腕時計に対する口コミ評価を紹介します。

グッチの腕時計に対する低評価な口コミ

  • 時計専業メーカーではない
  • デザイン重視で機能的ではない
  • 機能やデザインに対して値段が高い
  • デザインが奇抜すぎる・理解できない

Yahoo!知恵袋より抜粋しました。

正統派の腕時計好きの方から見ると、型破りなグッチのデザインは受け入れられないのだと想像できます。

ロレックス(ROLEX)やウブロ(HUBLOT)といった時計専業ブランドではなく、ファッションブランドが作る腕時計なので、そこまで高い品質の腕時計は作れないのでは?ということがうかがえます。

グッチの腕時計に対する高評価な口コミ

あの中川翔子さんもグッチの時計をカワイイとおっしゃってますね。

見方を変えれば、グッチの腕時計に対する評価も変わってきます。

雑誌LEONでは、「2015年に、アレッサンドロ・ミケーレ氏が、クリエイティブディレクターに就任してから、グッチの時計が普通・退屈なものから面白く斬新なデザインに変わった」と、評価しているんですよ。

グッチの腕時計が恥ずかしい理由3つ

グッチ時計恥ずかしいデザイン画像元:GUCCI

グッチの腕時計が恥ずかしいという声は、口コミ評判にもあったように主にこういった3つの理由があるためなんです。

  • デザインが個性的だから
  • 腕時計は時計専業ブランドの方が良い
  • 時計の機能・価値に対して値段が高すぎる

デザインが個性的だから

グッチの時計を身に付けていて、恥ずかしいと言われる一番の理由が、このデザインについてです。

グッチのWEBサイトを見てみると、確かに、奇抜なデザインの時計が多いです。

文字盤に蜂(Gタイムレス)、猫(ダイヴモデル)の絵が描かれていたりと、高級ブランド路線というより、個性的なファッションブランドのような時計が多いです。

なぜかというと、クリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ氏による高級時計という枠に縛られない自由な発想、価値観があるためです。

そのため、賛否両論があるというわけなんですね。

悪く言えば、ハイブランドさを感じない。良く言えば、面白い斬新な時計といえます。

腕時計は時計専業ブランドの方がいいから

ROLEX(ロレックス)やIWC、OMEGA、HUBLOT(ウブロ)など、時計専門のブランドが作った時計と比較すると、グッチの時計が機能性がなく見劣りしてしまうという声がありました。

というのも、時計専業ブランドの場合は、自社ムーブメントを使用しているからです。

グッチの機械式・クォーツ式時計は、カルティエと同じETA社製のムーブメント、もしくは、RONDA社製のムーブメントを使用していることが多いんです。

ムーブメントというのは、時計内部にある針を規則正しく動かす駆動装置。

車でいうとエンジンのような重要なパーツ。ムーブメントには、機械式とクォーツ式の2方式があります。

ムーブメントの種類

機械式(ゼンマイの力で動く時計)
→自動巻き(手動で一回時刻を合わせると、腕の振りでローターが回転し、ゼンマイが自動的に巻き上がる仕組み。しばらくは自動で時計が進む)
→手動巻き(仕組みは自動巻きと同じだけど、置いておくと止まるため、毎日定期的に時刻を合わせる必要がある)
クォーツ式(電池を動力として動く時計)

機械式は電池不要でオーバーホール(修理やメンテナンス)しながら長期的に使える特徴があります。

クォーツ式は、電池式なので電池交換要。時刻の狂いが少なく、小型軽量化や低コストで作れるメリットがあります。

1969年SEIKOが世界で初めて、クォーツ式の腕時計を発売しました。

機能的な面でいうなら、グッチより国産メーカーのSEIKOやCASHIOの方がまだ優れているという評価も。

グッチは、ファッションやデザインにこだわりを感じる時計なので、時計好きの方には物足りなさを感じてしまうのでしょう。

値段が高いから

先ほどの他社製の汎用ムーブメントを使っているのに、お値段が高いということと関係しています。

高級ブランド時計のお値段が高くなるのは、主に次の3つが関係してきます。

  • 機械式時計だから
  • 品質が良いから
  • ブランド力があるから

機械式時計は、パーツが多く、熟練の職人、精巧な技術が必要とされるため、大量生産ができません。

また、高級時計には、時計内部にもこだわりの素材をつかっています。

さらには、高級時計は、アフターケアにも力をいれています。

壊れやすい時計なのに、保証期間を長く設定するとコストがかかってしまうので、自社の時計に自信があるブランドでないと、保証期間も長くつけられません。

よって、ロレックスの保証期間は、他社より長く5年と設定されています。

一方、グッチの時計は、主にクォーツ式時計で、保証は平均的な2年保証。他社製の汎用ムーブメントを使用しています。

それがゆえに、お値段も他の高級時計ブランドに比べてお安くなっています。

  • 実際にどの程度の値段のムーブメントを使っているのか
  • どういった高級素材が使われているのか

こういった事を低評価する人達が知っているのかどうか分かりませんが、グッチの時計に対してお金を払う価値や魅力を感じないということだと推測できます。

グッチ(GUCCI)の腕時計の歴史

グッチ歴史フィレンツェ1921年、イタリアのフィレンツェで創業者であるグッチオ・グッチ氏が高級皮革店をスタートさせたところから、GUCCIの歴史は始まりました。

第2次世界大戦中では、皮革製品を使えなくなり、革の代替品として、キャンパスやリネン素材を使った商品を作っていました。

また、日本から取り寄せた竹を持ち手に使ったバンブーシリーズのバッグが流行。

エリザベス・テイラーやオードリー・ヘップバーン、ジャクリーン・ケネディ、グレース・ケリーなどのセレブにも愛され、世界中の憧れのブランドとなりました。

お馴染みのGGのモノグラムは、品質保証の証として自らの名前を刻印したものであり、世界で初めて自らの名前を商品に入れた先駆けのブランドとなりました。

1972年、ファッションブランドとしては初めて時計分野に進出しました。

90年代は、グッチ一族のお家騒動で、それぞれが商品を出したり、ロゴを前面に出して売り出したりなどしたところから「ダサいブランド」というイメージがついてしまった過去がありました。

1993年、グッチ家一族のお家騒動が幕を閉じ、グッチ家はブランドから完全撤退。

1995年、トムフォード氏がクリエイティブディレクターに就任してから、イメージチェンジを図り、売上増へと変革を遂げました。

2004年に、フランスのラグジュアリーブランドPPRの傘下に入る。

2015年に経営コンサルティング会社のアクセンチュア出身のビッザーリ氏がCEO、アレッサンドロ・ミケーレ氏がクリエイティブ・ディレクターに就任しました。

以降、アレッサンドロ・ミケーレ氏が、洋服や時計、バッグなど全てのデザインの世界観を統一しています。

グッチの時計は、全てスイスにあるグッチファクトリーで製造されています。

クォーツ式の腕時計が多いですが、中には機械式時計もあります。

ダイアルメーカーを傘下に持っているので、時計専業メーカーとしての顔もあるんですよ。

グッチの時計は本当に恥ずかしいのか

グッチ時計のデザイナーとCEO画像元:The New York Times Style Magazine

グッチの時計は、一部では、恥ずかしいという声が聞かれます。

ですが、もし、低評価な理由がデザインに対するものであれば、これはグッチの世界観と言えるでしょう。

その理由・背景を説明します。

2015年、グッチのCEOに敏腕ビジネスマンであるマルコ・ビッザーリ氏が就任して、当時無名だったアレッサンドロ・ミケーレ氏をクリエイティブディレクターに起用しました。

2015年以降、グッチの売上が急伸し、今や1兆ユーロ目前です。(2020年はコロナショックにより減収見込み。)

腕時計は、グッチ売上高で10%も占めていませんし、時計の売上高推移は不明です。

ですが、少なくとも、グッチが示しているブランドの方向性は、どの商品も一貫していると言えるでしょう。

GUCCIの売上高の推移
  • 2016年 43億7800万ユーロ
  • 2017年 62億1120万ユーロ
  • 2018年 82億8,400万ユーロ
  • 2019年 96億2840万ユーロ

グッチ売上の立役者であるマルコ・ビッザーリ氏は、「企業の中立性は終わった」と述べています。

『みんなに好かれること』ではなく、企業は自分たちがどんな価値を支持するかを表明せざるを得ません。特に若い世代の消費者がそれを望んでいます。ブランドエンゲージメントとロイヤリティの観点から言えば、立場を明らかにして誰かに嫌われるよりも、立場を明らかにしないことのほうがはるかに大きなリスクとなります」

引用元:The New York Times Style Magazine

つまり、グッチの個性的な斬新なデザインの時計は、いわば、グッチの打ち出す価値観なんです。

そのグッチの価値観が合うか合わないかは、みなさんの価値観次第ということがいえるでしょう。

グッチの腕時計の価格と主力モデルGタイムレス

グッチGタイムレス時計画像元:GUCCI

グッチの腕時計の価格帯として、時計専業メーカーではないせいか、10万~20万円台の比較的リーズナブルな腕時計が多いです。

腕時計にしては、高級ではない値段設定ですよね。

主力の腕時計モデルといえば、やっぱりGタイムレスでしょう。

Gタイムレスとは、時代に左右されないをコンセプトにしたモデル。

デザインが次のようにバリエーション豊富なのが特徴です。

  • ビジネスでも使える黒革ベルト
  • ステンレスベルトの女性らしいデザイン
  • 蜂が描かれたナイロンベルトのカジュアルなデザイン

こちらはグッチ感が控えめな腕時計ですが、落ち着いた印象があり上品ですね。

 

グッチの時計に蜂(ビー)が描かれてるのはなぜ?

グッチの腕時計には、様々な動植物が描かれています。

アレッサンドロ・ミケーレ氏がクリエイティブディレクターに就任した2015年以降、動植物をモチーフにした腕時計や商品が増えました。

アレッサンドロ・ミケーレ氏が、次のようなギリシャ神話由来の動物の意味を再解釈し、商品のモチーフとして使っているんです。

あいりママ
あいりママ
グッチの時計で用いられている動物たちの元々の解釈・意味がこちら。

「蜂」は、古代ギリシャ神話から縁起が良いと言われてきました。インドでもヒンズー教の神々の象徴とされ、世界中で幸運をもたらす動物として神聖視されてきました。

「猫」は、キリスト教において、魔力を秘めた存在として扱われてきたんですよ。

「キングスネーク(大蛇)」は、ギリシャ神話で、女神たちが、活力や霊感を与えてくれるものとして身に付けていたところから、権力や知識の象徴と言われています。

「25」という数字も時計に使われていますが、ミケーレ氏の個人的なラッキーナンバーであると言われているんですよ。

グッチ(GUCCI)の腕時計は恥ずかしいかは価値観次第

グッチ時計恥ずかしいとは限らないグッチの時計は、2015年にマルコ・ビッザーリ氏がCEOに、アレッサンドロ・ミケーレ氏がクリエイティブディレクターに就任してから、個性的なデザインが多くなりました。

GUCCIのWEBサイトには、「遊び心がある」と書いてありますが、まさにそう表現できます。

また、グッチは、時計に特化したブランドではありません。

時計を見ていて、高級ブランドなのに高級さを感じないというギャップがあるかもしれません。

それがゆえに、「恥ずかしい」「ダサい」と、一部の人達から評価されてしまうんです。

ですが、オーソドックスなデザインのモデルもありますし、恥ずかしいか恥ずかしくないかは、身に付けている人の価値観次第なのも事実ですよね。

他の人の意見に流されたり、他の人の視線を気にしすぎる必要はありません。

好きだと思ったら、それはグッチの考える世界観とあなたの価値観が合っているということですよ。

時計と洋服をうまくコーディネートできれば、オシャレの域に達します。

あいりママ
あいりママ
グッチ好きで何が悪い!くらいに開き直ってしまいましょう!。

グッチの腕時計を買う?レンタルする?

もし、現行の最新モデルが欲しいのであれば、迷わず正規店、直営店がおすすめです。

ですが、中古のグッチの時計が欲しいと思ったら、購入するかレンタルする方法があります。

購入するなら、口コミを見て信頼できるショップ・ベルト調整をしてくれる・保証期間が長いショップがおすすめ。

楽天なら、毎月5と0日はポイント5倍ですし、毎月のお買い物マラソンの日程に購入すれば、さらにポイントバックが可能なので、めちゃくちゃお得です。(スイマセン。お得情報好きなので。)

楽天市場でグッチの腕時計をチェック

だけど、ネットで見ても、イマイチサイズ感が分からない。。。という場合は、レンタルでグッチの腕時計を試してから店舗で購入するという手もありますよ。

レンタルサービス会社によって、グッチの様々なデザインの腕時計を取り扱っています。

月額3,500円~4,800円で借りれるので、気軽に試すことができます。

迷っているなら、まずはレンタルしてみると、その時計の良さや付け心地、口コミが事実かどうかが分かっていいですよ。